2017/03/20

きな粉ラムレーズンのクリーム


中田 篤:オーバル皿

朝の薫り高いブラック珈琲とくると、

どうしても朝には甘いものが欲しくなります。

少し大人の香りのきな粉クリームなどいかがでしょうか?

生クリームを使っていないので、泡立てる作業は必要ありません。

作り方と分量を記載しておきます。


[ きな粉ラムレーズンの分量 作りやすい量で ]
  • マスカルポーネチーズ 100g
  • グラニュー糖       大さじ1・15g
  • きな粉           30g
  • レーズン           20g
  • ラム酒                             適量
  • レーズンとクルミのカンパーニュ  1/4個   (レーズンとくるみが入ってないパンでもOK) 
  [ 作り方]  
  1. レーズンを20~30秒茹でる。(表面のオイルコーティングを取る為)
  2. 水気を切り、ひたひたのラム酒に漬け込む。(前もって作っておくと便利)
  3. マスカルポーネ・グラニュー糖・きな粉をよく混ぜる。
  4. ラム酒をよく切ったレーズンを混ぜる。
  5. 好みの厚さに切ったパンを焼き、クリームを塗って完成です。

 今回はマスカルポーネを使いましたが、生クリームを泡立てても美味しく出来ます。
 
 ラム酒は、ダークでもホワイトでもお好きなモノを。ダークだと風味が強くホワイトだとスッキリした風味になります。
 お子さんがいる家庭ではラム酒を抜いても美味しく出来ます。ただレーズンを茹でる工程はしたほうが良いです。 レーズンがふっくらと柔らかく仕上がります。

 きな粉クリームにラム酒だけ入れても美味しいです。あんこと共にパンに塗ってもいいですよ。

小西 光裕:バターナイフ