2016/09/20

豚の時雨煮


小泊 良: 青小鉢


 時雨煮とは、現代では生姜入りの佃煮全般を指します。

 蛤を用いた佃煮の「時雨蛤」からとか、時雨のように短時間で煮るからとか、ハマグリの旬が時雨の時期だからとか。名前の由来は諸説あります

 子供の頃、駅弁の片隅に入っていた牛肉の時雨煮が大好きでした。最後まで残しておいてごはんと楽しんだ記憶があります。

 今回はそんな時雨煮を豚肉で。お値段も手頃でたっぷり楽しめます。



 作りやすいレシピを掲載しておきます。

  • 豚こま肉    500g
  • 生姜      50g
  • 水        60cc
  • 酒        60cc
  • 砂糖      40g
  • 味醂      40cc
  • 醤油      60cc
  1. 豚こま肉は一口に。生姜は千切りにします。
  2. 鍋に水と調味料を入れ沸かし、豚こま肉をほぐしながら入れアクを取ります。
  3. アクが取れたら生姜を入れ、中火で煮ていきます。
  4. 煮汁が殆どなくなったら完成です。
おにぎりの具やお茶漬け、チャーハン、うどんや素麺の具にも使えます。卵焼きやコロッケの中に入れても美味しいので、是非常備菜としてお作りくださいね。

 生姜はたっぷりと。皮付きの方が香りが強くてオススメです。

 ひき肉で作るとそぼろ煮になってこちらもオススメです。