2016/09/19

サバ味噌カレー切干大根

 
東恩納 美架:ボウル
 
 サバ味噌・カレー・切干大根と、どれもみんな立派な「ごはんのお供」でそれぞれ美味しいのですが、今回は全部まとめてみました。
 
 インド人にも日本人にもビックリしてもらいましょう。
 


 
 分量を記載しておきます(4~5人前)
  • 切干大根    40g
  • 油揚げ      1/2枚
  • 干し椎茸    2枚(お湯で戻しておく)
  • 人参       1/2本
  • サバ味噌缶  1缶
  • 切干大根・干し椎茸の戻し汁  300cc
  • 酒        30cc
  • 砂糖      大さじ1/2
  • 味醂      大さじ1/2
  • 醤油      大さじ1
  • カレー粉    小さじ1
  • サラダ油・胡麻油 各大さじ1
  • パクチー
  1. 切干大根を300ccの水で約10~15分戻し、絞って汁気をよく切る。
  2. 油揚げ・人参・戻した干し椎茸を拍子切りする。
  3. 鍋を熱し、分量のサラダ油を入れ、切干大根・油揚げ・干し椎茸・人参を炒める。
  4. 1~2分炒めたら、切干大根・干し椎茸の戻し汁を加え軽く煮る。
  5. サバ味噌缶を軽くほぐして加える。
  6. 酒・砂糖・味醂・醤油で味を整える(サバ味噌缶の味によって量は加減して下さい)
  7. 煮汁がなくなりかけるまで煮含めたら、カレー粉と胡麻油を加える。
  8. うつわに盛り付けパクチーを飾る。

 皆さんご存知のように、サバ缶にはサバが持つDHAやカルシウム・栄養素がそのまま含まれています。手間なく使えるのでいいですね。

 何年か前に「サバカレー」が商品化され人気商品となりました。実際、南インドではクミンを効かせたサバのカレー(?)があるように、サバとカレーの相性はいいのです。

 私は家で切干大根をよく作るのですが、サバの水煮缶を加えて作ります。その時の味付けは醤油だけでなく、味噌も使います。サバ味噌における、サバと味噌の相性の良さがここでも生きてきます。味噌煮を使えば味付けの手間も省けます。

 ここでカレー・サバ味噌・切干大根が繋がりましたね。

 切干大根の戻し汁には、切干大根の旨み・栄養素が出てるので使い切りましょう。分量の水で戻すとムダが出ません。

 カレールーよりもカレー粉の方が合わせやすいと思います。こちらの方がごま油との相性もいいです。
 
 パクチーはお好みで。青ネギなどでもいいですね。胡麻などもお好みで。