2016/09/18

ツナ佃煮の梅干和え

 
中田 篤:kumo小皿

 ツナ缶が大好きです。
 
 パスタやサラダ、炒め物・煮物・焼き物・揚げ物と万能選手です。もちろん白いごはんにも良く合います。
 
 三日目の今日は、そんなツナの「ごはんのお供」を紹介いたします。
 
 作りやすい分量を記しておきます
 

  • ツナ缶(70g) 2缶
  • 酒        20cc
  • 醤油       20cc
  • 味醂       20cc
  • 砂糖       5g
  • 梅干(種を取る) 大4個
  • 青じそ      2枚
 
  1. フライパンにツナ(油・汁ごと)・調味料を入れ、弱火で火にかける。
  2. 油が少し残るぐらいまで汁気を飛ばす。
  3. 冷めたら、種を取り叩いた梅干を混ぜ合わせる。
  4. 青じそを刻み、盛り付ける。
 
 ツナをフライパンで炒める時、少しはねるかも知れないので木ベラなどで混ぜながら炒めて下さい。
 しっとりと仕上げるのがコツです。炒めすぎるとポロポロになり、油が滲み出てきます。油分も旨みの一部ですので炒めすぎにはご注意を。
 
 今回は青じそを刻んで盛り付けに使いましたが、炒める時に混ぜても美味しいです。
 
 青じその香りを楽しみたければ盛り付けで、ツナとの一体感を楽しみたければ炒める時に入れると良いでしょう。この時は仕上げに入れてくださいね。
 
 保存も効きますので、おにぎりの具にも向いています。マヨネーズを合わせれば「大人のツナマヨ」の完成です。
 
 オリーブ油との相性もいいので、パスタやドレッシングに使っても美味しいです。チャーハンも卵とネギとこの佃煮で簡単に出来ます。
 
 実はこの「ツナの佃煮」は我が家の常備菜です。作っておけば色んな料理に使えますので、是非お試し下さいませ。