2016/09/17

海苔の佃煮とクリームチーズ

 
木村 容二郎:赤化粧小皿
 
 2日目は、代表的な和の「ごはんのお供」とクリームチーズの組み合わせです。 
 
分量を載せておきます。(作りやすい分量)
 

  • クリームチーズ   100g
  • 海苔の佃煮     40g
 <盛り付け時>

  • きゅうり        1本
  • 海苔の佃煮     適量
  • ワサビ        適量
  1. 分量のクリームチーズを常温で戻し、柔らかくする。
  2. 分量の海苔の佃煮を良く混ぜ、容器に入れ冷蔵庫で冷やす。
  3. きゅうりを縦半分に切り、種を取り小口から刻む。
  4. 塩をして30分程おき、しんなりしてから揉み、塩味が濃ければ水で洗いよく絞る
  5. チーズ・塩もみきゅうり・海苔の佃煮・ワサビを盛って完成。

 クリームチーズと海苔の佃煮を混ぜ込む時に、ワサビを加えてもいいですね。ごはん以外にもトーストに塗ったり、クラッカーやかまぼこに載せておつまみでも美味しいです。
 きゅうりの塩もみが意外なポイントです。コツは「美味しいと感じる塩加減を残す」事です。
 
 刻んだきゅうりに塩をして30分置くのは、水分を抜く為だけでなく塩味を付けるのが目的です。また、塩が回っていない状態で揉むときゅうりが割れて見栄えが悪くなります。
 
  きゅうりはゆっくりと30分待って揉みましょう。
 
 それにしても、キリッとした白ワインや淡麗の日本酒にも合いそうだ・・・。