2016/09/16

アジの開きのなめろう

 
 
キム・ホノ:酒盃
 

 皆さんご存知の“アジのなめろう”。
 
 新鮮なアジの刺身にネギ・生姜・青じそ・ミョウガ・味噌などを叩いて作る料理でご飯によく合います。
 
 美味しくて立派なごはんのお供ですが、そうそう新鮮なアジは手に入らないですよね。ならば何時でも入手できる「アジの開き」で作ってみました。
 
 生ではなく、干して旨みを増した開きのなめろうをお試し下さい。
 


 
今回の分量を載せておきます(2人前)
 
  • アジの開き  2尾(焼いて骨・皮を取りほぐしておく)
  • 青じそ     2枚
  • ミョウガ    1ケ
  • 長ネギ     1/3本
  • 生姜      5g(薄切り2~3枚)
  • 味噌      小さじ2
  • 白ごま     小さじ1
  • 太白胡麻油  小さじ1
  1. アジの開き2枚は焼いて、骨・皮を取り除きほぐしておく。
  2. 青じそはザク切り・ミョウガ・長ネギ・生姜はみじん切りにする。
  3. ボウルに材料を入れ、よく合わせる
  4. 味噌を半分加え味を見て、よく混ぜる。(干物の塩分によって、味噌の量を加減して下さい。御飯のお供や、お茶漬けにするなら濃い目。つまみにするなら薄目がオススメです。) 
  5. 白ごま・太白胡麻油を加える。
  6. うつわに盛り付ける。
 
 アジの開きを使うと、生とは違う美味しさが発見できます。 包丁で叩かなくてもしっかり混ぜるだけでいいので楽ですね。(台所もまな板も生臭くならないですし)
 
 生姜は皮付きをおすすめします。皮に香り成分が多く含まれているので、剥いてしまってはもったいないです。
 
 太白胡麻油を加える理由は、アジは焼いてしまうと脂分が抜けてしまうので、それを補うためです。入れなくても構いませんよ。
 
  お茶漬けにするなら、梅干やわさびを加えると美味しくなります。