2016/08/21

奈良漬のクリームチーズ和え



中田 篤:USU小皿





































夏も終わりに近づいてきました。

お盆やお祭りなど、各種イベントが続き体も胃腸もお疲れの時期かと思われます。

夏バテ防止として、土用の丑の日にはうなぎは召し上がられましたか?

うなぎと共に出される漬物といえば奈良漬ですね。

奈良漬に使われる酒粕には、うなぎの脂分をほどよく抑えてくれる成分があり、

うなぎに含まれる「ビタミン」や「ミネラル」の吸収を助ける働きがあると言われています。

あの独特な香りも、川魚特有の香りを抑えてくれています。

夏の漬物である奈良漬を、この時期に使い尽くしましょう。

作りやすい分量を記載しておきます。


  • クリームチーズ   100g
  • 奈良漬        30g
  • 奈良漬の床     5g
  • はちみつ      5cc
  • EXバージン    10cc
  • 飾り        刻んだ奈良漬・奈良漬の床
  1. クリームチーズをボウルに開け、常温に戻す。
  2. 奈良漬を5mm角に刻み、クリームチーズと合わせる。
  3. 奈良漬の床・はちみつ・EXバージンを合わせる。
  4. 器に盛り付け、飾りの刻んだ奈良漬・奈良漬の床を飾る。

 
 奈良漬のポリポリとした食感が楽しいおつまみです。

 混ぜなくても、クリームチーズと奈良漬を薄く切って、サンドしても簡単です。

 クラッカーやバゲットなどにのせたり、アボカドと合わせたリするともっと美味しくいただけます。

 チーズも奈良漬も同じ発酵食品ですので、とても良く合います。

 クリームチーズではなく角切りのプロセスチーズと合わせて、ごはんに混ぜておにぎりにしたり、油揚げの巾着に入れて焼いても美味しいです。

 味噌床が余っていたら、クリームチーズを漬け込むと美味しい「クリームチーズの味噌漬け」ができますので、是非お試しを。

 お酒にもよく合います。日本酒なら、味の濃い目のものを、ロックにしたりしても美味しそう。

 白ワインやシャンパンはもちろん、シェリー酒の辛口なんかも合いそうです。

賛否両論ありますが、私はバニラアイスと奈良漬の組み合わせがお気に入りです(笑)