2016/03/22

ゴーダチーズとタラコの和え物

 
小泊 良:青丸鉢
 

 もうすぐ桜が咲きそうです。

 お花見に限らず、お酒を飲む機会が増える季節でもあります。

 そんな時のパパッと簡単に出来る、色合いも春らしい酒の肴をご紹介いたします。



 今回の分量を記しておきます (2人前)

  •  ゴーダーチーズ 40g(クラッシュしてある物)
  •  うす塩タラ子 25g(サイズにもよりますが、約1/2腹)
  •  三つ葉1束
  •  太白胡麻油 か EXバージン油 10cc
  1. ゴーダーチーズを小指の先ほどに大きさに崩します。
  2. タラ子は薄皮を除いておきます。
  3. 三つ葉は葉っぱを取り除き、根元を軽く輪ゴムで止め、お湯でサッと湯がきます。
  4. 氷水に落とし、水気をよく切ります。1.5cm(小指の第一関節くらい)の長さに切ります。
  5. ボウルにゴーダーチーズ・タラ子・三つ葉・太白胡麻油を入れ合わせます。
  6. うつわ盛り付けて完成です。

 不思議な組み合わせに思えますが、明太子ピザがあるように、チーズとタラ子の相性は抜群です。

 油を使った理由は、チーズもタラ子も少し塩辛いので、油の膜で塩味をコーティングする為です。   それでも塩辛いと思ったときは、大根を3mmの厚さにスライスしてカナッペにすると、からすみ大根みたいでさっぱりと美味しくなります。青じそも乗せたらいいかもです。

 白ワインやシャンパンに合わせるならば、EXバージン油を。 

 和えるEXバージン油を、ガーリックオイル(オリーブ油に潰したニンニクを入れ、弱火で火にかけた物)にすると、風味がupします。
 クラッカーや薄く切って焼いたフランスパンに乗せて、ブルスケッタにしても美味しいです。

 その他にも、パスタや「ちらし寿司」のトッピング(サヤインゲンや錦糸卵・エビイカなどの海鮮もの)などにいいですね。

 私はこの料理の撮影のあと、お昼ご飯のオニギリと一緒にこの料理を試食したのですが、実はこれがまた美味い!! 熱々ご飯に刻み海苔と青じそをかけて、チーズタラ子を乗せたらもっと美味しいと思います。
 今回は酒の肴の予定でしたが、ご飯にも合う事が分かりました。補足ですが・・・
 
 ゴーダチーズを「ミモレット24ヶ月熟成」に変えて、三つ葉を加えないで作ると、まさにカラスミの味になります。チーズの熟成感・タラ子の魚卵感・太白胡麻油を加えた事によるネットリ感が合わさってそうなるのでしょう。こちらも是非お試しを。
 
 「青いうつわはどうもねぇ、何を盛るの?」と首をかしげる方がいらっしゃいますが、実は家で食べるご飯の色の方が、よく合います。
 煮物や、焼き物・揚げ物などの茶色い料理こそよく合います。肉じゃがやアジの開き・千キャベツとコロッケ・生姜焼き、ポテトサラダなど・・・。
 
 青色のうつわは食欲を減退させる色としてダイエットに使われたりしていますが、そんな事はありません。 他人の言った言動に惑わされる事なく、自分で感じて試してみる事が大切です。
 
 自分の価値観を見つける為にも、普段使わない色や形のうつわを使ってみる事をオススメします。それを楽しんでもらえると、なお嬉しいです。